« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

【 フラガール 】

公式WEB DVD→ フラガール メモリアルBOX

+++++ 感想 +++++

いやー、泣いた。
ぽろぽろ、ぽろぽろ泣きました。

けれども・・・・
じーーーんと、ぽろぽろ涙あふれさせてる瞬間に限って、
「あははーーー」と声に出して、笑ってました(笑)

おっとこ前な人が、たくさんいたなぁ~。心が!男前!

フラの先生(松雪泰子)、カッコよかったなー。最高♪
きみこ(蒼井優)の母(富司さん)も。

始まってすぐに、豊川さんが出ててびっくりした(笑)
あんだけ、話題になり、確か賞も受賞してて、よくTVでもやってたのに・・・・
豊川さんも、寺島進さんも出てるの知らなかった(@@)
びっくり!びっくり!
だけど、嬉しかったなぁ~。

フラの手の動きが、なんだか、とっても、しみてきて、涙でた。

蒼井優さんが、好きで、この作品についてのPRみたいなのをしてる番組を見てフラの特訓のことなんかを知って観たかった作品。
このPRでの出演者たちの表情を見ていたから、本編見ながら、涙が溢れたのかもしれないな~とも思う。

ふっとした会話の中に、「どきっ」とする言葉が、溢れてる。
みんな、表情も素敵で・・・・
素敵な時間が持てました。好きな作品でした。


DVDについてるメイキングとか見たいなぁ~


*S様、いつもありがとう!

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007/06/02

1ポンドの悲しみ

1ポンドの悲しみ

久々に読書しました。
久々に活字に向き合いました。
向き合うのに最適な心の穏やかさでした。静かな気持ちで読めました。

衣良さんの恋愛小説。短編がつまっています。
なんだか、描かれてる人達が毎日を、ちゃんと生きていて、
自分に、相手に、向き合ってる姿が素敵でした。
人と共に生きるっていいなぁ~と何だか思いました。
ホントに、普通のことなんですけど、それが眩しかった。
なんか、こう、涙が、にじむというのか、、、
いい具合に心に響きました。
余韻を残して、続きが描けるような終わり方なのも良かった。
物語を読んで感じた感覚。こみ上げた涙。
その意味が、衣良さんのあとがきでわかった気がしました。
ある意味、あとがきが小説みたいだった(笑)

なんだか、もっともっと、本が読みたくなりました。
衣良さんの恋愛短編集といえば、スローグッパイと解説にあって、
あ、そーいや読んだな。持ってるなと思ったけど、、、
そんな感想残ってない(汗)
もっかい読んでみよっかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »