« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/27

【 ハチミツとクローバー 】

公式WEB DVD→ ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

+++++ 感想 +++++

悪くない気がするのに、良くは、無い。(苦笑)

原作の漫画を、当時お友達に紹介されてコミック本で読み始めた。
その漫画が大好きで。
実写化を聞いたときに、「えーーーー、どうやって、はぐを現すの?」と困惑。
だけど、配役を知って、会見を見た時に、
「お!蒼井さん、はまる!」「桜井くん、いいかも!」と映画が楽しみになった。
原作を読んだときのイメージをこの二人は、壊さない印象だったから。
DVDのパッケージになっている写真とか、ちらほら、宣伝などで目にする映像も、原作の空気を纏ってるような気がして、やっぱり、映画が楽しみだった。

悪くはないんだなー。

しかし・・・
まず、花本せんせぇがぁーーー(涙)・・・・堺さん。悪くないんだけど、
思いっきりイメージが違った。
森田も、そう。伊勢谷さんの森田も良かったと思うけど・・・・
でまー、はぐちゃんの蒼井さんは、欲言えば、もうちょっと、ちっちゃかったら、なお良かったけど、ま、それは、しゃーないし(笑)イメージに近かった。
「おお!はまる!竹本!」って感じた桜井くんがなぁー・・・・
これは、桜井くんのせいではなく、きっと、私のせい(苦笑)
なんでなんだか、この竹本を演じてる桜井くんが、どーしても、どー打ち消しても、インタビュー受けてる梅崎選手(サッカー選手ね)に見えてしまうの(@@;
いったいどういう作用やねんっ!って話ですけど・・・・
最後まで、どうにも、桜井くんが映ると、どーしても、梅崎選手の顔が・・・・

加えて最大に、「なんだかなぁ~」になってしまったのは、
この短い時間に色々詰め込んだ結果、なんなんだか、わからない感じになってしまったのではないかと。
原作を知らない人には、ぶつ切り感が残ったんじゃないかなぁ?
原作知ってると、物足りない。
このエピソード持ってくるなら、あれも入れて欲しいとか。
どことどこで繋がったの?とか・・・・原作が残ってるから感じる、訳のわからなさがあった気がした。

ただねー。
これが、不思議なんだけれども、、、、
イメージともちゃうし、原作とも違うと感じるし、すっごい良い!とは思わないんだけども・・・・イヤだとも、感じないし、悪いとは思わないのね。
嫌いでもない。
初めの方の時間の流れ方というのか、人との距離感というのか、それは、案外心地好かった気もするし。
何度も見たら、はまるのかな?
う~ん・・・・
時間あったら、原作を読み返そう!と思いました。

漫画って、新刊1冊発売されても、読破して、「次が待ち遠しくなる」そういう物足りなさを感じることが多い中、この原作の漫画は、1冊で、かなり読み応え充分だった記憶がある。
次巻の発売は、とっと先でも、手にした1冊で、満足して、次を待ててた気がする。
終盤、重すぎて痛すぎて、たった1冊を数回に分けて読んだこともあったような・・・
そういう意味で、ものすごく、密度の濃い話なんだと思う。
全10巻だったっけ?
それを、2時間弱に収めるのは、難しいってことなのかなぁ?と。

そして、紙の上だから、できる、ドタバタ感とか、
絵だから、できる、表情のやわらかさとか、
そういうのが、ある気がした。

ただ、映画は、当然、「色」がある。
色がついたこと。その感じは、素敵だったなと感じた。

期待しすぎてたので、カテゴリーを「がっかり」にしてみた。
でも、決して、嫌いな映画じゃなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/24

【 父と暮らせば 】

公式WEB DVD→父と暮せば 通常版

+++++ 感想 +++++

宮沢りえさん目当てで見てみたら、原田さん!
地震による津波情報がテロップで大幅に画面を占領してる部分のある、NHK-BSオンエア分で見たのですが・・・それが全く気にならないくらい、集中して観てしまいました。
原爆や戦争については、私ごときの知識で、どうこう語るのは気がひけます。
戦争映画は私は好んでは見ません。特に日本が登場するものは怖くて見れないというのが正直なところです。知っておくべきだろうと思うけれども、感じすぎてぐらぐらするので、避けてしまうヘタレです。
私の通っていた小学校は、毎年8/15が登校日で、必ず映画鑑賞がありました。
当然なのかもしれないけれど、すべて原爆に関する映画でした。
小学生だと、訳がわからないのです。ただ、おぞましくて、表しようの無い恐怖だけが残りました。そのせいかどうか、アニメや、漫画であっても、原爆からみのものは、苦手です。
現在の原爆ドームを映した写真ですら、痛みを感じて見ると苦しくなります。

この作品は、私が感じたりしている恐怖とか痛みとかと、少し違うかもしれないけれど、深く、強く、大きな痛みと悲しみ、虚しさも感じました。
宮沢さんと原田さん演じる親子のホッとする会話。
ふっと微笑みたくなる表情。
癒されながら、優しさを感じながら・・・・
一転して、語られる原爆の悲惨さ(←しっくりこないけれど、他の言葉が思いつきません)
やっぱり、あってはならないこと。
未来に起こしてはならないこと。

生き残ることが普通じゃない という感覚が痛かったです。
平和ということが、人間らしく生きることに、どれだけ大切か強く感じました。

終盤、受け止めすぎて、ぐらぐらして、ぐったりしてしまいましたが、
最後の宮沢さんの表情が素敵でした。
体調と心を整えて、もう一度見てみようかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

連ドラ覚書き<中間>

見逃して、悔しいーってなるようなドラマが、ひとつもない(苦笑)
取り合えず、観てるもののみ。

普通に物語を楽しみつつ見てる&続きも見ようと思える

■ファースト・キス ○→まぁ○
 伊藤っち&劇団ひとりさん&阿部サダヲさん。この3人見たさに見てる(笑)
 だけど、物語も、それほど悪くない気がする。久々にちゃんと月9を観てる。

■探偵学園Q ○→◎
 単純な謎解きで、好ましい♪(笑)
 観る予定無かったのに、なんだか、観てみたら一番気になる♪
 オープニング曲が好き♪

■地獄の沙汰もヨメ次第 ○→○
 相変わらず、おもろい!(笑)

■肩ごしの恋人 ○?→○
 これ、どーでもいい話だけども、中々、おもろい。
 高岡早紀さん演じる女性が、すげー(爆)いるいる、こういう人!
 そして、米倉さん演じる女性のような人もいる!
 傍目に観てる分には、おもろい。
 相変わらず、昔のトレンディードラマっぽいけど。
 でも、物語しっかりしてるのかしら?嫌じゃない。役者の力?本?

一応観てるけども、どーでもいいっちゃーいい(苦笑)

■新マチベン~大人の出番 ○→まぁ○
 ともさかさんが声だけなのが、寂しい。最後は登場するのかな?
 それも気になりつつ・・・・ま、別に悪くないので、観てる。

■パパとムスメの7日間 ◎→○
 先週、予約してたはずが、どうも忘れてたのか?録画できてなかった(苦笑)
 だからといって、ま、いっかと終わらせた(苦笑)
 でも、飛び飛びでも、たぶん、観れる時は観ると思う。
 観れば、普通に楽しく見れる。

基本、1.3倍速再生(苦笑)観るのめんどい組(爆)

■花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~ △→△
 だれかーーーーー。斗真のみ切り貼り編集してくれないか?(叫)
 取り合えず、斗真は、観たい。笑えるし。
 でも、それ以外、いらん。めんどい。もう観なくなりそう(苦笑)

■ホタルノヒカリ ○?→×?
 出演者に興味あるんだけども。めんどくさい。
 今週オンエア分、数分で、ざっくり削除しちゃった(苦笑)
 もう、みないかもなー。たぶん、観ないな。

■山田太郎ものがたり △→×?
 めんどくさい!
 ニノに向ける金持ちぼっちゃん桜井の表情とかおもろいんだけど・・・・
 それ以外が・・・・だいたい、菊池ママさんが、どーもダメだ(苦笑)
 今、横目でTVつけてますけど・・・・
 たぶん、見なくなるなー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »