« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/14

【 男たちの大和 】

公式Web DVD→ 男たちの大和 / YAMATO

++++ 感想 ++++

「生きててごめんなさい」という感覚を持たせてしまう状況ってやっぱりおかしいと思う。
なんだか、血しぶきが飛び散る戦闘シーンを見ながら、戦闘機に乗ってる米軍側の兵士が描かれた映画とかが浮かんだりした。両方に家族が居て、大切な人が居て、毎日を生きている。どちらも、それらを亡くす(無くす)ことに痛みや悲しみややるせなさを感じるはずなのに、殺しあう。当たり前のことなんだけど、戦争って、おかしいよなぁ~と、なんだか、思いながら見た。
「生きてくれ」「生きろ」と言う想いが、しみてきた。だけど、戻れば、「生きててごめんなさい」を感じたりする。感じさせたりする。
国と国がどうとかより、人と人。息子と母親とか、兵士と思い人とか、兵士と兵士とか。そういうところに、涙が溢れた。
それほど、長い作品じゃないけど、なんだか、ものすごい、長時間観た気がした。見終わって、かなり、疲れていた(苦笑)
でも、観てよかった気がした。
「生きててごめんなさい」を聞いて、前に観た宮沢りえの役を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 美しき野獣 】

DVD→ 美しき野獣

++++ 感想 ++++

全然、「美しく」ない気がしたんだけども(苦笑)
ま、個人的感覚ですし、見た目の美しさをタイトルに取った訳でもないと思われますので、あれですが、そういう感想が生まれました(苦笑)
物語として、こう、胸に、ぐっとくる切なさや、やりきれなさや、決意や覚悟に心が奮えるような内容だと思うのですが、、、なんなんですかね?ぜんっぜん、響かん(苦笑)
妙に清潔感が感じられず、苦手でした。そして、妙に深みを感じない。私が鈍感なのかなぁ?と思いながら、、、、なんだか、描かれてるテーマは、苦しくなるくらいの感想を持てそうな気がしたんですけども・・・・
う~ん・・・・残念。
何度か眠くなりまして(苦笑)派手なアクションシーンは、音がうるさいだけで、長く感じたので、送り再生してしまいました(苦笑)
クオンサンウ?って、眼差しで語れる役者かと思ってたんだけども、、、なんか思ったのと違ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/13

【 最後の恋のはじめ方 】

公式WEB DVD→最後の恋のはじめ方 (UMD Video)

++++ 感想 ++++

どーでもいいけど、中に、ほっとして、涙しそうになったり、
吹き出して笑って、楽しくなれたり、なんだか、ちょっと、いい感じ♪
ウィルに指導?されるアルバートのダメダメぶりが、初めひくくらいでげんなりするのに、だんだん、可愛く微笑ましく笑えてしまう。楽しかった。
アルバートが恋するセレブなアレグラ。彼女の顔は何だか好きだった。
本当のヒロイン?サラは、初め顔が苦手だなぁ~と思っていたのだけど、だんだん慣れて気にならなくなった。
設定がヘンテコだったりするのは、スルーして・・・・
サラの同僚の雰囲気だったりが好きだった。
恋愛マニュアル的なものは、よくわからないけれども(笑)
なんだか、見終わって楽しかったので、よかったなぁ~な感想になった。

特典映像の衣装の担当の人の顔が好きだった(笑)
衣装の話は聞けてよかったなぁ~と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

連ドラ覚書き<初回>

はなっから見ない予定のものもあるので、見た順に、随時加筆しつつ記します。


ジャッジ ○
番組欄に西島さんの名前を発見したので録画してみた。なんだか、久々に狂気じゃない西島さん?(笑)見てみると、キャストが豪華♪
海の色がとっても綺麗で、なんだか、和んだ。
良い感じ。続けて見よう。

働きマン ○
中々、良い気がした。出演者かなぁ?
なんだか、働きマンのごとく働いてた頃が懐かしい。
というか、今、働け!って感じなんだわなぁ~(苦笑)と別ごと思ったりした。

医龍2 ○
初回にして最終回のような空気なのは長時間だったせい?
医者同士の信頼関係が1で築かれているので、ちょいと、傲慢にも見える強引さがあった気もするけれども(苦笑)1同様に、ドラマをドラマとして、そのまま楽しめそう。

歌姫 ほぼ◎
いやー、オープニングで、岡田くん登場は、反則やわぁ(苦笑)
がっつり持ってかれました♪
えー、方言が高知と言っても、高知県内の全く違った方言を融合させているので、さらに変(苦笑)だけど、それほど違和感無く見れました。
テンポが好き♪
というか、鯖子さん!!!!斉藤さん!素敵すぎるー!!!!!
笑い倒しました!神宮司くんを、どんどん尻にしいて欲しいです(爆)

ガリレオ ほぼ◎
これまで、東野さん原作のドラマは苦手なものが多く、原作を読むこともありませんでした。その流れから今回も期待はしてませんでした。苦手な月9だし(苦笑)しかし、しかし!おもろかった♪もやっとしたものが残らず、すっきりよかったです。
ましゃ兄演じる教授先生は、変人ってことですが、偏屈さとかなく、スマートなカッコイイ系でしたね。むっちゃ個性的な風貌の役者に、狂人じみた演技でやってもらってもおもしろそうだなぁ~と思ったりしました。見始めてすぐ、このましゃ兄の役を、ジョー様(オダギリジョー)で、見てみたい!となんでだか思いました。
柴咲さんがよかった♪久々の寿明も嬉しかったし♪
いっけいさんが居たりと、中々、出演者が豪華!
あまり期待してなかったので、おもろかったです!

有閑倶楽部 評価しません
あんなちゃらいのミロクじゃない!・・・・でもま、そんなのわかりきった話でして、映像化されるとき原作は忘れた方が楽しめる確率が高い訳で、私が、ミロクを大好きだから、そう感じる訳で・・・・でも、まー、まー、それをふまえると、悪くはなかったんじゃないかと思われます。
警視総監は、漫画で持ってるイメージ通りだったなぁ~。だって、見てて、絵が浮かんだモン!(笑)
あ!久々に○ャニーズって演技下手なんやなぁ~と感じた(苦笑)無茶苦茶じゃないけど・・・・

暴れん坊ママ ○?
見るつもりなかったんだけど、丁度テレビ前にいたので見てみた。う~ん・・・・どーでもいいっちゃーいい。テレビ前にいたら、見てもいいかな?くらいかなぁ?大泉洋さんは好きなので。上戸さん、CMとか見てて、ウザイかな?と思ったけど、そうでもなく、意外にはまってる!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

【 16ブロック 】

公式WEB DVD→ 16ブロック

++++ 感想 ++++

ただのアクション映画だと思ってた。
スピーディーに展開して、正義を貫いて気持ちよく終わる。
そんな作品だと思ってた。

予想外!
泣いたぁー。号泣。
人と人のふれ合い。心と心。
真実。
本物を見る見えない力。

何かをレンタルした中に入ってた予告編で、この作品の存在を知ったのだけれど、すっかり忘れていて、今日、何を借りようかと、探してる時、ふと目にとまった。目にするまで、おもしろそうだから今度かりてみよう!って思ったことすら忘れてた(笑)
こんなに、素敵な心をくれる作品とは思わなかった。


護送されてる犯人(証人)が、たまにキュート♪
久々に懐かしいラベルを見た。
カナディアンクラブ♪私が好きなのは、黒ですけども(笑)飲みたくなったなー。

欲しいなこのDVD。
さて、もう一つのエンディングを見てみよう。
感想変わるかなぁ?
上記の感想は劇場公開バージョンを見終わって、号泣した後の感想。


もうひとつのエンディング
切ない。
両方、素敵な涙をこぼせるけど。
私は、劇場公開版の方が、嬉しい。
ほっとできるし、より、あったかくなれるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »