« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

【 シュガー&スパイス風味絶佳 】

公式WEB DVD→ シュガー&スパイス 風味絶佳

++++感想++++

さすがに「シュガー」と「スパイス」ってことでしょうか?(苦笑)
基本、微笑ましく、少年達が可愛い(笑)
オープニング何事かと思ったら・・・・
猛ダッシュの意味がわかった瞬間爆笑してしまいました。
柳楽くん演じる少年が、沢尻さん演じる少女(女性?)にむける心が表情に、行動に素直に現れて微笑ましい。
なんだか、こっちまで、嬉しくなったりする。
ま、「スパイス」部分なんでしょうか、終盤、痛かったですけど。
最後、希望というのか、また、微笑ましい、ほっこりあったかい気持ちを貰って終わったので、初めの方の幸せ気分が戻ってきました。
なんだか、もう一回見てみようかな?と思っています。

原作の著者、山田詠美さんの作品が好きで、よく読んでいたので、この原作本が発売された時、読もう!と思いながら、文庫待ち。待ってる間に、映画化。だけど、すっかり忘れ去っていた(苦笑)
何をレンタルしよう?と店内をうろついてて発見!やっと見た。
詠美さんの本を読んで感じる感覚とは、かけ離れていたので、始まってすぐに、詠美さんの原作だということは忘れよう忘れようと脳内の言い聞かせながら見始めた。初めに書いた柳楽くん演じる少年の表情につられて、そういうのは溶けて消えて、映画としてみた。
少年のグランマ(祖母役)夏木マリさんの個性的な存在感ったら(笑)
くくっと、笑いがこみあげる。
だけども、好きです(笑)こういうの。
ちょっと、つくりすぎて鼻に付く気がしないでもないけど・・・・ま、夏木さんやから!
あ!大泉洋さんが居てびっくりした!(笑)
そして、風景の切り取り方というのか、映し方というのか、その配分が好きだった。


*k’sの方で、リンクさせていただいてる 『限りなくアメリカに近い福生』様に
 この映画関連のページがありますので、ご紹介させていただきます。
 → ロケ地のあれこれの記事
 → 裏話みたいな感じの記事
 個人的には、雑貨屋さんがとっても行ってみたい!と感じました。
 そして、あのチャリで、走り抜けるシーン。基地のフェンス沿いみたいですが、
 あの風景が好きでした。
 あー、詠美さんの本を読んでたりすると、行ってみたい土地になってしまう福生。
 結局、一人でいく勇気は無く、、、、そのままになってるけども、、、、
 いつか行けるといいなぁ~。と、映画見て、益々思ってしまった。


そして、やっぱり、小説を読もう!と思った夜でした。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 アンフェアTHE MOVIE 】

DVD→ アンフェア the movie

++++感想++++

連ドラの後の【アンフェアSP】が、面白かったので、期待していた映画。
しかし・・・・
う~ん・・・・
別に悪くは無いんだけど、そうそうたるメンバーを揃え、設定も、切迫してる状況の連続のはずなのに・・・・
全く、ハラハラしない(苦笑)
全く、ドキドキしない・・・・
これってなんなんだろう?
感情が揺さぶられることが無かったので、つまらなかった印象になった。
結局、なに?
これは、決着付いてないっていうことなのかしら?
いまいち、消化不良。

ま、レンタルカードの更新期限が今日だったので、立ち寄ってみたら・・・・
サービス期間で更新料金は無料だわ、プラス一本は無料サービスなんて色んな特典満載で、このアンフェアはタダでレンタルしたようなものだし、気になってたのが見れたからよかった!ってことにします。

あ!
だけれども。
それでも。
山路はカッコよかった♪
つまりは、寺島さんがカッコよかった♪
つまり、単に好みの寺島さんを見れたこと。
加えて、ちょっぴりしか登場しなかったけど、阿部サダヲさんが見れたこと。
ま、それだけの作品って感じだ。
ドラマで、蓮見(濱田マリさん)がゾンビみたいに起き上がった瞬間が、
おもしろさと今後への期待のMAXだった気がした(笑)


*ついでに関連DVD
アンフェア DVD-BOX
アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

【 きみに読む物語 】

DVD→ きみに読む物語 スタンダード・エディション

++++ 感想 ++++

理由は不明だけれども、タイトルを記憶していた作品。
番組表で見つけたので、録画して見てみた。
なんだろう?とっても、優しい気持ちになれる作品だった気がする。
若い頃の二人が、可愛い♪
誰かを好きになるって素敵やなって思った。
認知症の妻の傍で、自分達の物語を読む夫。
だから、こういうタイトルなのか。
彼らの子供達がホームを訪ねた(見舞った)あのシーンで、どっと涙が溢れた。
感想をすぐに書けなかったので、記憶がおぼろげだけど、、、
そのシーンに流した、あったかい涙が残ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 花とアリス 】

公式WEB DVD→ 花とアリス 特別版

++++ 感想 ++++

確か、キットカットのCMに絡んでた作品だと記憶。
それで、なんか観たかった作品。すっかりさっぱり忘れてたけど、テレビであったので録画してみた。
鈴木杏ちゃんが主なシーンは、ちょっと、苦手な感覚を感じることあるんだけど、蒼井優ちゃんが主なシーンは、そのさばさばした台詞の言い方が気持ちよくて好きだった。
なんだか、初めてみたとき、好きな?先輩を記憶喪失にして、操る?ってみたり、なんだか、妙に、イヤな感じだったんだけど・・・・その記憶を辿って先輩が、蒼井さん演じるアリスを訪ねて一緒に過ごしてるシーンとか、結局、杏ちゃん演じる花も一緒に3人で海に行っちゃうシーンとか、なんだか、こう、映像が好きだった。
終盤は、なんだか、また見たくなる。そんな感覚が生まれた。
HDDに残したまま、何度か、早送りしたりしつつ、空いた時間に再生したりしたけど、、、結局は、ざっくりと削除したんですけども(笑)
でも、また、見たくなるときくるかもなぁ?って感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

連ドラ覚書き<中間>

見てるようで、見て無い様な、微妙な視聴具合だけれども・・・・(苦笑)
とりあえず、見てるもののみ。
初回覚書きはこちらから

ジャッジ ○ → ○
中間というか、このドラマは、すでに最終回を迎えましたけれども。
毎回、自然の鮮やかさを「色」で感じながら、物語を楽しめました。
重すぎず、軽すぎず、よかった気がしました。

働きマン ○ → ○
すでに何度か見逃したり、見ながしたりしてますが(苦笑)
ちょっと、前向きに気持ちよく見れてます。
どーしても見なきゃとかは思わないけど、見れる時間があるなら、楽しく見れる。そんな感じです。

医龍2 ○ → ○
やはり、対抗図式を持ってきた!それで、おもしろくなった♪
うざいくらいの熱さも、夜中に見てることが多いので、あまり気にならない(笑)
今クール一番、次回を逃したくないドラマかもしれない。

歌姫 ほぼ◎ → ○?
鯖子マジックにも慣れてしまったか?(苦笑)余り反応しなくなりつつある。
クロワッサンの豹変には、爆笑&大興奮だったけれども・・・・忙しいと見るのめんどくさくなる(苦笑)
ただ、やはり、ツボは多い。磯山マジック♪
えー、方言は、おかしけれども許容範囲。ま、最後まで見ると思う。

ガリレオ ほぼ◎ → ○
まぁ、見て退屈はしない。どーしても観たい訳でもない。
でも、悪くない。

有閑倶楽部 評価しません
ドラマとしてどうか?とか、演技がどうか?とか、考えない方がいい!
これは、出てる「人」に興味があれば、この上なく、おもろい!(爆)
漫画が読みたくなったよーーーー。
今、デラックス版とか発売されてるんですってね!あー、無駄遣いと解ってるのに欲しい(苦笑)

SP ◎
こういう展開、映し方のドラマは、とても好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »