« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/08

【 俺は、君のためにこそ死ににいく 】

DVD→俺は、君のためにこそ死ににいく

++++ 感想 ++++

泣きました。
本当に、泣きました。
誰かを、思う、「心」。
「覚悟」の中の姿。「心」。

ここに描かれたことを、思いを知ることができてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

【 マリーアントワネット 】

DVD→マリー・アントワネット (通常版)

++++ 感想 ++++

音楽が心地好かった♪
映像の色彩が楽しかった♪
マリーアントワネットを演じたキルスティンが、可愛い!

特別、この時代にも、歴史的人物にも思い入れはないので、
この可愛らしさと、音楽で、私は、満足だった。
授業などで、それなりに触れたであろう歴史的人物で、
時代であるけれども、すでに忘却のかなた(苦笑)
名前は記憶があるけれども、どういう生き方をしたのかの記憶が曖昧。
たぶん、ここに描かれたイメージは、史実からはかけ離れているのかもしれないけれども、単純に、楽しかった。
ピンク色や、水色が、楽しくて、音楽が心地好くて。
宮殿での贅沢三昧は、浪費であっても、見てる色彩が心地好かった。
母となり、自然の中で、のびのびと暮らす場面も、光の描写が美しくて、心地好かった。

無邪気に贅沢に楽しむ王女。
それが、国を国民を窮地に追い込んでいたのだろうけれども、
どうであっても、非難され、国民に責められ襲われたとき、
最後まで、「王とともに!」と言い切る彼女は、素敵。
史実とは別物として、この作品に描かれた、彼女は、可愛らしく、強く、気持ちよい女性に感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

【 プラダを着た悪魔 】

公式WEB DVD→プラダを着た悪魔 (特別編)

++++ 感想 ++++

最高に、楽しい♪ ・・・・・DVD欲しいなぁ~。

他にやることあるのに、すでに2回観てしまった(笑)

ブランドがどうこうでは無くても、ちゃんとメイクして、オシャレをすると、
背筋が伸びて、しゃんとする!
背伸びをするとか、無理をするという意味ではなく。
自然と、張りのある、パワフルな時間をおくれる。
自分の心の問題だけれども。
そういうのを、感じられて、楽しかった。気持ちよかった。

畑違いのところでも、希望の場所ではなくても、
「負けたくない」と奮戦できるアンディが素敵!
なんのかんの言っても、意地悪いと思ってた?感じてた?世界の同僚達も、
とっても、素敵。
私は、実は、結構、先輩?同僚?ライバル?のエミリー(エミリー)好きです!
そして、ナイジェル(スタンリー)!素敵すぎるぅ~♪

メリルストリープが出演してるの知らなかったので、びっくり!
とても素敵に、カリスマ?編集長を演じてた。
とんでもないんだけど(苦笑)魅力的!
ちょっとね、メイクの先生を思い出しました。
非現実的な言動でも、とっても、素敵で、なぜか説得力が!(爆)
ミランダ(メリル)の台詞の声やペースが、とても、好きだった。
最後のミランダの笑顔は、いい涙が溢れた。

終盤、アンディ(アン)が、ミランダの元を去ったとき、
ミランダの世界での今後のアンディを見てみたいなと、
少し残念だったけれど、最後の最後。
ミランダとアンディの関係性が、嬉しくなった。
あの笑顔よかったなぁ~♪

どんな世界でもそうだけれど、人と人の関係は、
どこかで、相手を尊敬できていることで、
パワーになるし、かけがえの無いものになると思う。

余談
めっちゃ、スタバのラテが飲みたくなった(笑)
うちの近所にも、出店してくれればいいのに・・・・
ま、この田舎にはできないでしょうけども(^^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【 パフューム 】

DVD→パフューム ある人殺しの物語

++++ 感想 ++++

これ、なんだか、沢山、PR広告とか見た気がする。
「パフューム」っていう響きを、沢山、聞いた気がする。
で、先日レンタルしたDVDに予告編が入ってて、
そういえば!とPRが目に付いたのを思い出して、レンタルしてみた。
のだけれども・・・・・
えー、訳わからん感覚だった(--;
なんだ?この世界(@@)
気持ち悪い(-_-)
ベルリンフィル?(うろ覚え(苦笑))が音楽協力とか予告編で言ってたから、
ちょっと、期待したけど・・・・
内容が内容で(苦笑)音楽どころか、字幕読める程度に早送りしてしまった。
なんだかなぁ~。香水調剤する匂い(香り)に執着してしまってる主人公。
この人が、何か新たなステップを進めると、
それまで関わってた人は、皆死ぬのね。
なんで死なせる必要があるんだろ?この感覚も寄り添えないしわからん。
そして、求める究極の香りの為に、女性を殺して、その女性の匂いを抽出する。
なんだそれ?
まぁまぁまぁ、つまりは、犯罪者で、投獄され処刑される辺りで、
そのまま、処刑されれば、まぁ、そんな話かで終わったけれども。
究極の香りは、人殺しの彼を憎んで処刑を煽ってた人達を虜にし、
ひざまづかせ、天使や神だと言わしめた。
そのような香りを持つ?作る彼が人殺しな訳がないと。
どういう作用やねん。
訳わからん。
寄り添えない世界。睡魔に襲われながら早送りで観たけど・・・・
気になったとはいえ、無駄な時間だった気がした(苦笑)

そういえば、かなり、グロイ描写が多いのですけれども・・・・
グロイけれども・・・・稚拙というか、つくりもの感が、しらけました。
ま、悪臭の方は、画面から臭うはずは無いのに、なんだか、気持ち悪くなるような
場面もありました。
現実的じゃない作品も、結構、好きだったりはしますが、、、
こういうのは、どうも、苦手でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

【 ホリディ 】

公式WEB DVD→ホリデイ

++++ 感想 ++++

なんだか、とっても、いい気分♪明るく、楽しい気分になれました。
登場人物が、みんな、感情豊かで、元気!
短絡的で、アホな部分もあるけれど、それが楽しかった。

お互いの家を交換って、冷静に考えると、勇気ないというか、
自分の部屋の有様を見て、私は無理やわ(^^;
と思ったりしたけど、映画の世界なら楽しい。

キャメロンが、交換先のペットの犬と表情で遊ぶところは、
犬好きとしては、無駄に楽しかった。

ケイトの老紳士とのふれ合いも、ほっこり。
彼女って、【タイタニック】の女優さんよね?
あの時は、妙に老けてて苦手な印象だったんだけど・・・・
今回、キュート♪可愛かった♪

夜な夜な見て、もう一回見てから返却しようと思っていたら、
時間がなくなって見れなかった(--;
残念。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »