2008/03/04

【 マリーアントワネット 】

DVD→マリー・アントワネット (通常版)

++++ 感想 ++++

音楽が心地好かった♪
映像の色彩が楽しかった♪
マリーアントワネットを演じたキルスティンが、可愛い!

特別、この時代にも、歴史的人物にも思い入れはないので、
この可愛らしさと、音楽で、私は、満足だった。
授業などで、それなりに触れたであろう歴史的人物で、
時代であるけれども、すでに忘却のかなた(苦笑)
名前は記憶があるけれども、どういう生き方をしたのかの記憶が曖昧。
たぶん、ここに描かれたイメージは、史実からはかけ離れているのかもしれないけれども、単純に、楽しかった。
ピンク色や、水色が、楽しくて、音楽が心地好くて。
宮殿での贅沢三昧は、浪費であっても、見てる色彩が心地好かった。
母となり、自然の中で、のびのびと暮らす場面も、光の描写が美しくて、心地好かった。

無邪気に贅沢に楽しむ王女。
それが、国を国民を窮地に追い込んでいたのだろうけれども、
どうであっても、非難され、国民に責められ襲われたとき、
最後まで、「王とともに!」と言い切る彼女は、素敵。
史実とは別物として、この作品に描かれた、彼女は、可愛らしく、強く、気持ちよい女性に感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

【 プラダを着た悪魔 】

公式WEB DVD→プラダを着た悪魔 (特別編)

++++ 感想 ++++

最高に、楽しい♪ ・・・・・DVD欲しいなぁ~。

他にやることあるのに、すでに2回観てしまった(笑)

ブランドがどうこうでは無くても、ちゃんとメイクして、オシャレをすると、
背筋が伸びて、しゃんとする!
背伸びをするとか、無理をするという意味ではなく。
自然と、張りのある、パワフルな時間をおくれる。
自分の心の問題だけれども。
そういうのを、感じられて、楽しかった。気持ちよかった。

畑違いのところでも、希望の場所ではなくても、
「負けたくない」と奮戦できるアンディが素敵!
なんのかんの言っても、意地悪いと思ってた?感じてた?世界の同僚達も、
とっても、素敵。
私は、実は、結構、先輩?同僚?ライバル?のエミリー(エミリー)好きです!
そして、ナイジェル(スタンリー)!素敵すぎるぅ~♪

メリルストリープが出演してるの知らなかったので、びっくり!
とても素敵に、カリスマ?編集長を演じてた。
とんでもないんだけど(苦笑)魅力的!
ちょっとね、メイクの先生を思い出しました。
非現実的な言動でも、とっても、素敵で、なぜか説得力が!(爆)
ミランダ(メリル)の台詞の声やペースが、とても、好きだった。
最後のミランダの笑顔は、いい涙が溢れた。

終盤、アンディ(アン)が、ミランダの元を去ったとき、
ミランダの世界での今後のアンディを見てみたいなと、
少し残念だったけれど、最後の最後。
ミランダとアンディの関係性が、嬉しくなった。
あの笑顔よかったなぁ~♪

どんな世界でもそうだけれど、人と人の関係は、
どこかで、相手を尊敬できていることで、
パワーになるし、かけがえの無いものになると思う。

余談
めっちゃ、スタバのラテが飲みたくなった(笑)
うちの近所にも、出店してくれればいいのに・・・・
ま、この田舎にはできないでしょうけども(^^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

【 16ブロック 】

公式WEB DVD→ 16ブロック

++++ 感想 ++++

ただのアクション映画だと思ってた。
スピーディーに展開して、正義を貫いて気持ちよく終わる。
そんな作品だと思ってた。

予想外!
泣いたぁー。号泣。
人と人のふれ合い。心と心。
真実。
本物を見る見えない力。

何かをレンタルした中に入ってた予告編で、この作品の存在を知ったのだけれど、すっかり忘れていて、今日、何を借りようかと、探してる時、ふと目にとまった。目にするまで、おもしろそうだから今度かりてみよう!って思ったことすら忘れてた(笑)
こんなに、素敵な心をくれる作品とは思わなかった。


護送されてる犯人(証人)が、たまにキュート♪
久々に懐かしいラベルを見た。
カナディアンクラブ♪私が好きなのは、黒ですけども(笑)飲みたくなったなー。

欲しいなこのDVD。
さて、もう一つのエンディングを見てみよう。
感想変わるかなぁ?
上記の感想は劇場公開バージョンを見終わって、号泣した後の感想。


もうひとつのエンディング
切ない。
両方、素敵な涙をこぼせるけど。
私は、劇場公開版の方が、嬉しい。
ほっとできるし、より、あったかくなれるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

【 デイジー 】

DVD→ デイジー

++++ 感想 ++++

オープニングの風が吹き抜けてくるような草原を見た時、ヨーロッパっぽいな~と感じた。アジアが舞台の映画だと思っていたので、不思議な感覚になった。すると、オランダを舞台にした作品だった。
へヨン(チョン・ジヒョン)が絵描きをしている広場は、なんだか見覚えがあり、どこだろう?ドイツ?と思っていたら・・・オランダだった。もちろん行ったこともないですけども(笑)

街の風景がとても素敵だった。
建物と人物、そして、色のバランスが、とても好きだった。
へヨンの住んでる部屋も素敵だった。住みたいなこういう部屋。
全体的に、色に心地よい感覚を貰って、やわらかい優しい気持ちになった。
あまり、多くを語らない。
見つめる瞳、その佇まいが、喜びも嬉しさも哀しみも怒りも、
強く強く、深く深く、感じさせてくれる。
痛みも。
穏やかで、優しい、恋心がにじみでる、前半部分。
静かで、あったかくて、幸せな空気。
一転、抱える嘘(痛み、影、闇)との対比が、物語にぐんぐん感情移入させてくれた気がした。
最後は、号泣。
だけど、観終わった感覚は、穏やかなものだった。
とても、素敵な時間だった。
とても、好きな作品になった。

へヨンが、とっても可愛い。
存在してることが、何かを語ってくれる役者さんが好き。
韓国映画の展開の突拍子も無さは、過去に観た作品で覚悟はしていたけれども・・・・やはり、ドキッと心臓痛かった。だけど、綺麗にまとめる。映画2、3本観た様な気分になる(苦笑)
デイジーの花。たぶん、普段、私はあまり好きだと思う花ではないと思う。ちょっと、寂しげだから。寂しさを感じさせる花は苦手なので、だけど、この作品では、とっても、愛しく感じた。可愛らしくて、素朴で、優しく感じた。
音楽も素敵だった。

(余談)
年末年始横浜滞在中に、ぺぺ内で、デイジーのフォトギャラリーのコーナーがあった。何気なくみた。後日、予告編だったか、雑誌告知だったかで、あらすじを知り、強く観たいと思った。観終わって特典映像をみるまで、すっかり忘れてたけど、もしかしたら、インファナルアフェアの監督と知って、観たいと強く思ってたのかもしれない。
制作陣を知って、ものすごく、ひきつけられるのがわかる気がした。どうも、私の好みらしい(笑)
中心にいるチョン・ジヒョンを嫌いもしくは、苦手な人は、見るのが苦痛かもしれないと思った。そうでなきゃ、いらんことが気になって、作品にひたることはできないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

【 TWO FOR THE MONEY 】

公式WEB DVD→ トゥー・フォー・ザ・マネー [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)

++++ 感想 ++++

レネが、カッコイイ!
いえ、レネ演じるトニー(アルパチーノ演じるウォルターの妻)がカッコイイ!!!!

ギャンブルの類に興味は無いし、よくわからないけれども、
描かれた賭博の予想屋?のこともわからないけれども、
フットボールもルールすらわからないけれども・・・・
この映画は、おもしろかった。
現実には、薄らぐらいドロドロした怖ろしい世界なんだろうけれども、実話を元に描かれた作品とは言え、そういう部分は、それほど、ハッキリと描かれて無いんだと思う。描かれた賭博に関わる世界と言うよりは、

人。

描かれた「人」に、とても、引き込まれる作品だった。
狂気じみた言動の奥底に、相手を愛しく思う深い真っ直ぐな心がみえる。
だから引き込まれたのかもしれない。
しょーもない。破滅へ向かって浸かっていくのかもしれない。
だけど、大事で、守りたい。
まさか、この作品で、涙をこぼすと思わなかったけれど・・・・
最後のレネとアルのシーン。
レネの強さと深さに涙が溢れた。
この二人の存在感ってスゴイ。
ま、基本、すごい存在感なのは、アルパチーノなんだけれども・・・・
マシューも負けてないし、レネも凄かった。
私は満足♪
終わり方も綺麗だったと思う。

印象に残るシーンがいくつかあった。
描かれたそのシーンの内容ではなくて、映りこんでいるもののバランスや、それを捉えた角度などが、印象的だった。
空港から去る(旅立つ?)マシュー演じるブランドンの背中。
人生が終わったと嘆きの電話をしてきた顧客が電話ボックスから崩れるように出てきたシーン。橋の向こうに見える空。あの雲の感じ。

アルパチーノ演じるウォルターが6歳の娘に大袈裟に喜んだり、驚いたりして見せるシーン。微笑ましかった。


レンタルしたのだけれど、特典映像が充実してて、監督や脚本家のコメンタリーも、ブランドン本人へのインタビューも、メイキングも興味深く楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

【 博士の愛した数式 】

公式WEB DVD→博士の愛した数式

++++ 感想 ++++

ずっと観たかった作品が、TVであったので観ました。
やさしい気持ちになりました。
数字が大嫌いな私が、思わず好きになりそうでした(笑)
普段、おつりの計算も、割り勘の計算も拒否して人任せで、そんな人とは出かけないけれども・・・ごまかされてもたぶん、気づかないくらい数字から逃げる私ですが・・・・

楽しかった♪
数字っておもしろい!って思ってしまった。
数字を、愛しく思ってしまった(笑)

数字と同じく、人が苦手だったりするので(・・・表向きそうは見えません。人が苦手というと不思議がられる感じです。自分に踏み込まない距離間があれば、広く浅く大丈夫なのです)・・・なので、人へのこういう思いは、ホッとします。
ひねくれていたり、裏があったり、悪意があったり・・・
それらが描かれてこその作品もあるけれど、そうじゃない作品は、ホッとします。切なく寂しい気分でみはじめたので、ほっこりできて、優しくなれてよかったです。
流れている空気を、ずっと感じていたいような気持ちになりました。
見終わってプレイリスト作って、もう一回再生しました。
別に見る訳ではないんだけれども・・・・
なんとなく、再生してしまいました。音楽を聴くように。

余談
中々、今、そういう授業とか難しいのかもしれないし、今、どんな感じで授業って行われてるのかわからないけれど、興味を引き出す授業って大事だなぁ~と凄く思った。
ルートが、これは、授業じゃないけどって話してた博士との話。
ものすごい、いっぱいの興味が出て、たくさん脳みそ使った気がした。
数年前、宇宙飛行士の毛利さんの話を聞くことがあって、それは、高校生に向けた講演だったけれども、ただ話を聞かせるのではなく、「考えさせる」。ほんの少しの時間なのに、あれは、素敵な時間だった。びっくりした(笑)
こーれ、小学生とかで、巡り会ったら、科学に興味持つだろうなぁ~と思ったりした。
私の大好きなサッカーの監督さんが、「答えは教えない」ってよく言ってたけれども・・・・「考えさせる」とか「感じさせる」「気づかせる」って、すごく大事なことだなぁ~と思う。映画の感想には関係ないけど、なんだか、そんなことを思ったりした。

余談2
ハッとした事。というか、なんか、メモってしまった台詞。
【全体で「1」。
 一つの中に、全体が調和していて美しい。良いことは、そういうこと】
これ、なんだか、ものすごく、強く心にきた。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006/10/11

【 ぼくとママとおまわりさん 】

なんなんでしょう?
ものすごーーーーーい、涙が溢れました。

昨夜、深夜にBSでオンエアされた映画です。
すごい、大好きな作品に出会えたので、blog書こうと色々検索するも・・・・
ヒットしない(汗)amazonでDVDもヒットできず・・・まじ?
他で探ってもダメだった。もしかして無いの?DVD。
(どなたか、ご存知だったら教えて下さいませ)

ということで、日記風の感想いきます。

昨日は、かなり疲れていたので(苦笑)
そろそろ寝ようかなぁ~と、何気なくついてたTVのチャンネルを色々変えてたら、
すんごい、可愛い男の子が!
なんとなく見覚えのあるような雰囲気。だけど、言葉の響きに馴染みがない。
何語?
なんの映画だろう?
男の子は、警察のバイク(ま日本でいうなら白バイに当たるんだろうな~)でご帰宅。
ガレージ開けたら、ママはバンドの練習中?あははーファンキー(爆)
でも、すんごい、子供を大事にしてるのが伝わってくる。
やっぱり、知ってるような顔の女優さんなのに・・・・わからん・・・
何?・・・とディーガを起動して番組表を見てみる。
【ぼくとママとおまわりさん】・・・・う~ん、、、、知らない(苦笑)

だけど、なんだか、とっても素敵な表情を見せる子供達。
で、さっきバイクに乗せてた人が、おまわりさんにあたるんだな。
うまく内容を書けないので、NHK-BSサイトにあった紹介を引用します。
(この解説で、ゲランと表記されてるのは、字幕では、ヨーランになってた気がする)

衛星映画劇場 ぼくとママとおまわりさん
TSATSIKI MORSAN OCH POLISEN 1999年・スウェーデン

8歳の少年ツァツィキは、ロックスターを目指す母と二人暮らし。
まだ一度も会ったことのない、ギリシャで猟師をしている父に会うのが夢だ。
ある日、プールで出会った警官のゲランがツァツィキの家に間借りすることになり、
ツァツィキは母とゲランをくっつけようとするが、なかなかうまくいかない。
やがてツァツィキは母と共にギリシャへと旅立つが・・・。
スウェーデンでは数々の映画賞を総なめにし、大ヒットした。
(原題:TSATSIKI MORSAN OCH POLISEN)
〔製作〕アン・イングヴァール
〔監督〕エラ・レムハーゲン
〔原作〕モニ・ニルソン・ブランストレム
〔脚本〕ウルフ・スターク
〔撮影〕アンデルス・ボーマン
〔音楽〕ポプシクル  ほか
〔出演〕サミュエル・ハース、アレクサンドラ・ラパポート、ヤコブ・エリクソン ほか
(1999年・スウェーデン)〔スウェーデン語/字幕スーパー/カラー〕

*内容は時間が経つと変わってくるとは思いますが・・・・引用したURL
  http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_td.html


原題で検索してみても、DVDはヒットしなかった(涙)
こうなると余計に欲しくなるじゃないか(苦笑)録画かければよかったなぁ~。
ま、2:30まで起きてる勇気は無かったので、ママ達のバンドが起動に乗って?
パパを探して旅たつくらいからは録画したんだけど・・・

前半部分にも、すごく胸がじわ~っとやわらかく、熱くなるシーンが沢山あった。
子供達の中の子供達の世界。
ママ達大人たちの世界。
子供達と大人たちの世界。
全部、まっすぐな印象。ちょっと不器用っぽいけど、まっすぐ。
これは、スウェーデンの言葉なんだろうか?
普通、英語以外の言葉は、違和感感じつつ字幕を追うことが多いんだけど
(って、私は英語もしゃべれないし理解不能ですが・・・音には馴染みがあるということ)
この映画は、違和感も無く・・・・
この言語。言葉。この響きだから、しみてくる気がした。
子供は子供で、いろんな事考えて、とっても複雑(笑)
大人もそう。
なんだか、とっても、好きな世界でした。
見初めがチャンネル変えて、気になった瞬間なので、
はじまりの10分ほどを逃してるんだけど・・・そのまま寝ずに見てよかった!
すんごい、幸せな気分。

あー、ま、番組表でタイトル見ただけじゃ絶対、録画予約なんかしてないけど(苦笑)
全部みたかったなぁ~。よく言えば、録画して保存したかった。
ホントにDVDとかでてないのかしら?
スウェーデンでは、映画賞総なめにしたらしいし、ベルリン映画祭でも、
なにか賞をとってるらしい。何年か前には、日本の映画祭でも上映されてるのに・・・
無いのかなぁ???

さて、印象に残ってる・・・というか、ぐわーーーっと涙あふれたシーン。

学校でいじめっこにママが詰め寄るシーン。
詰め寄られたいじめっ子は、悪態ついてるんだけど、ふっと本心を口にする。
その瞬間、ママが、ぎゅっと抱きしめるの。
もう、書いてて涙出る。
あれはすごい!あそこで、すっと察して抱きしめれるママが男前♪カッコイイ!
その後、いじめっ子と仲良く?というか心通わせるツァツィキ。
その二人もよかった。

おませな女の子たちも可愛い♪
ツァツィキの仲良し君も、いい味だしてる。二人での会話はちっちゃな大人(笑)

ツァツィキが、パパに会いに行って、ママが話してくれたのと違う!って逃げるけど、
パパを訪ねていって、船の修理を手伝うシーン。
例のおまわりさんがバイクを手入れするとき教えてもらって事をパパに伝授(笑)
またこの息子と名乗らずにパパに接するシーンが素敵だった。
最後、ギリシアを去るとき、バスターミナルにパパが見送りに来る。
前の晩にママと再会して、状況を把握してて、、、でもパパとか言わない。
だけど、もう、言わないだけで、3人とも気持ちがわかってる感じ。
別れなんだけど、始まりみたいな感じで。
すごい素敵だった。


また、オンエアしてほしいなぁ~今度は、録画する!(笑)


あ!余談ですが・・・・
この映画を見始めてから、何度も何度も、大好きな映画
死ぬまでにしたい10のこと】を見ているときのような気持ちになりました。
全然ちがう物語なんだけど・・・似た涙を流した気がしました。

もいっこ。
他が印象に残って書いてないけど・・・
素敵なおまわりさんに出会って?おまわりさんは、お家へ間借りしてくる。
おまわりさんを大好きな少年は、ママとくっつけたい。
この二人の関係も素敵だった♪


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/22

【 まだまだあぶない刑事 】

公式web DVD

+++++ 感想 +++++

さて、何から書きましょうか?(笑)って・・・・やっぱり本編からですね(汗)

TVシリーズから始まって、映画も、いくつもあるシリーズです。だんだんと、設定がオーバーすぎたり、おちゃらけ過ぎたりしてた感じが気にはなってたんですが・・・・
今回は、結構、綺麗に収めた感じがしました。
ヤケにスッキリしてるな~という・・・・絶妙なおもしろさは、そのままですが、大きなストーリーにちぐはぐ感が無かった気がしました。
久々に帰ってきた!ということくらいしか知識無く見たので、私自身も、その意外さに、驚きました。だから、ネタばれは、もったいないのでやめておきます。
とは言っても、興味のある方は、すでにご覧になってらっしゃるでしょうが・・・・

タカさん&大下さんは、前回より、カッコよく感じました。
もう、大下刑事に恋焦がれてやまなかった学生時代がある私としては・・・
まだまだ、走ってる姿もカッコイイじゃん!
いつまでたっても大下さんは大下さんだわ♪と嬉しい時間でした。

・・・・と言う訳で・・・・実は、初めの方は、思い出に浸っていたというか・・・・・
TVシリーズなり、過去の映画なりの風景を思い浮かべ、実際に自分が巡った横浜を思い返し、つい最近見た今の横浜を思い・・・・
つまり、物語上の違和感や、伏線は、見事にスルーしておりまして(汗)
鹿沼(窪塚俊介)&水嶋(佐藤隆太)&りさ(水川あさみ)で、若いバージョン新たに企画してくれないかしら?とまで思っていたオバカさん(苦笑)
でも、3人の雰囲気も好きでした。
お年を召し、成長した?町田くん(仲村トオル)の課長っぷりは、楽しかった♪いいわ~。
仕方ないながら中条さんから小林さんに代わったときの違和感は否めなかった訳ですが・・・・
この町田透=課長ってのは、良かった♪

後は・・・・味スタのエキストラ行きたかった!スタジアム撮影を聞いたとき、観戦(求めるのは無関係の試合だけど)に合わせて行きたい!と思ってたのに・・・・すり合わせするタイミングをうかがってる間に撮影終わってた(苦笑)
タカ&ユージ&町田課長の爆弾解体のシーン。退きの画だったけど、どーにかそれぞれのアップで表情が見たかったな~

本編さらっと見て、コメンタリーを聞きながら、トリビア字幕(ロケ地やら、過去の作品との状況の比較などが字幕ででる特典)を表示しながら本編を再生。コメンタリーも昔から関わってきた人ならではのコメントあり、字幕も、これまでを知ってるから楽しめることが盛りだくさんで大満足だった♪これって、レンタルでもついてるのかな?
ちなみに、私は、デラックスBOXを購入しております(苦笑)

とにかく、大好きなシリーズで、寝ても覚めても、大下さんな時期もあったような・・・・
この映画のおかげで、TVシリーズもDVD化されて前の限定の時よりお手ごろ価格で・・・やっとこさTVシリーズそろえ終わった所ですが・・・・
つまり、そろえ終わっただけで、見終わってはいません(自爆)
・・・・でも、ずーーーっと好きでいて今年初めて気づいた。もうとっくに追い越してるとばっかり思っていた大下さんの年齢。TVシリーズスタート時の年齢にすら私まだ、届いてなかった(驚)
いったいいくつ年上のおじさんを大好きなんだよ!っていう(苦笑)
まぁでも、いいのです。もうね、三つ子の魂百まで!ですから(笑)
映画はレンタルで見て、よかったら買おう!くらいな気持ちだったのに・・・・
発売DMの特典ディスクの内容に負けまして(汗)・・・・購入してしまった訳です。
まだ、特典ディスクには、進んでないのだけど・・・・楽しみで仕方が無いです。
届いたDVDを開けてびっくり!
なんだ?この豪華なパッケージ(汗)
まぁ、コレクターズな意味合いのものだろうから、当たり前なのかもしれないけど・・・・
同じ内容で、デコレーション無しが安くできるなら、そっちの方が嬉しかったりして(苦笑)・・・・
とはいえ、なんかその豪華さも嬉しくなっちゃう本日でした。封入されているロケ地マップやら、ブックレットは楽しかった。昔を懐かしむのに最適。
あらま!ここに紹介されてるもの、うちにあるものもございますわよ!って感じです(苦笑)
そして、あぶ刑事の歴史に、私の歴史も見えてくる(笑)

壊れ気味で、感想ともいえないエントリですみません(苦笑)

いいかげん長いのに懲りずに追記(汗)
特典ディスク見ました!あぶ刑事好きには、たまらない特典でした♪
なによりは、監督さんのコメント。「銀星会との対決に戻りたかった」という観点が好きでした。大きな敵に立ち向かうのもいい。でも、やっぱ、TVシリーズで感じたような世界をまた観たい。
つーことで、実現できるなら、また、やって欲しいな~と思った。
初日舞台挨拶1回目は絶妙。涙が溢れちゃいました(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

【 インファナルアフェア 3部作 】

公式 DVD

+++++ 感想 +++++

Ⅰを見て、切なくて切なくて号泣して・・・・ずっと見たかったⅡとⅢ。
wowowオンエア分で、一気に見た。(S様、本気でありがとう!)

今回見たのは、。Ⅱ→Ⅰ→Ⅲ。描かれた時間軸に沿った感じ。
正確には、かなり前に Ⅰを見てて、(その感想は こちら
それをふまえて、Ⅱを見て、Ⅰを見直し、Ⅲへ進んだ感じ。

ちゃんとした言葉が見つからないので、感想とは言い切れないけれど・・・いきます。

■ Ⅱ
Ⅰで描かれた物語の過去の物語。
もう、おぼろげではあるけれど、Ⅰを見た時の切なさ、衝撃は未だに身体が覚えている。
だから、あのトニーレオン演じるヤンを、あのアンディラウ演じるラウを、
若かりし彼らを演じる役者がうまく演じてくれるのだろうか?
大丈夫なんだろうか?とちょっと不安だったけれど・・・・
杞憂でした(苦笑)
よくぞここまで、適役がいたもんだ!と感激するほどに私は若い二人が好きでした。
ヤン(ショーン・ユー)、ラウ(エディソン・チャン)共に、若さゆえの人としての薄さが
(それは、役者としての薄さかもしれないけれど(失敬))、
表情や台詞に見事に表れていたと思います。
そして、彼らが修羅場を生きぬき、いい悪いは別として、人として、深みと幅を身につけ、
そして、あのⅠで見た彼らになっていったのだということがよくわかった。
もちろん、書ききれないくらい、
登場する役者さん役者さん全ての演技とキャラクターが絶妙で圧倒された。

静かな涙が溢れて熱かった。とまらなかった。
だけど、Ⅰの時のように、切ないとか、悲しいとか、辛いとか、、、
感情が無かった気がする。
言葉にならない感じ。
敢えていうなら、圧倒された
あまりに、圧倒されすぎて、泣けた。そんな感じ。、

Ⅰを見た時に、登場人物にそれぞれ描かれていない奥行きがあることがよく伝わってきた。
そこに何が起こり、何があったのか、わからないけれど、
彼らの 現在 の姿を感じるのに充分な人生が垣間見れた。
実際、それが描かれたこのⅡでは、やはり、想像以上の過去が積み上げられていた。

観ながら、感想書きたくても言葉が無い・・・と思っていたら・・・
エンディング曲が見事!
これに字幕ついてるので、是非、読んで下さい。
こんな見事に内容を表していいのかしら?と思うくらい。
私が感じたこと、言葉にしたかったことが歌われていました(苦笑)
曲も三部作の中で一番好きでした。

Ⅱの余談
サムの妻、マリーはカッコよかった。
人の死や、犯罪が沢山でてくる。
死に意味があるとか、殺しに意味があるなんて、あってはいけないことだと思う。
ただ、それでも、作品の中で描かれている死に対して意味があるように感じる瞬間があった。

■ Ⅰ(改めて観て)
やはり切ない。だけど、先に観たⅡの衝撃がすごくて、初めて見た時ほど泣きはしなかった。
内容を確認して、Ⅲへつなげる感じ。
・・・もちろん、やっぱり、好きな作品。
この作品を感じて、大好きだったから、
Ⅱを観て、あんなに感じることができたんだな~と改めて感じた。


■ Ⅲ
時間軸が絡まりあうので、初めちょっと、把握するのに時間がかかった(苦笑)
過去を描いたり、現在を描いたり行ったり来たりします。
Ⅰで生き残ったのがラウ(アンディラウ=警察へ潜入しているマフィア)だったので、
どう締めるんだろう?どうあがいても悪を重ねてきたラウが全てを一掃というのは、
作品的に無いんでは?と思いながら観てた。
途中まで、もしかして、そういうのもアリなの?と思ったけど・・・・
予想もしない形で、やはり、正義が貫かれた。
凄い。
私の想像力の範囲では・・・・人としての器では(苦笑)
凄いって言葉しかでてきません。

Ⅲの余談
ヤン(トニーレオン)の精神科の医師として登場するケリーチャン。
実は、正面から見た時の黒目のバランスが苦手です。
だけど、素敵な雰囲気で演じてらっしゃいました。
その時の、可愛い、優しいヤン。あんな表情もできるんだな~。
キョン(チャップマン・トウ)・・・いったいこの人は、どんなポジションなんだ?と気になってましたが・・・・すっごい素敵なポジションだった。彼に涙を引き出されたシーン多かった。


書ききれないくらい色んな感情がある。とは言え言葉にならない。
だけど、もの凄く大好きな作品です。DVD欲しくなった(苦笑)
すると友人に「買っちゃだめよ!」って忠告された・・・
最近、見境無く、DVDへ出費してる私への優しい忠告(笑)
確かに・・・でも、いつか、、、(笑)

生きる
生きていく

と言う事を、考えてしまう作品です。
(まぁ、これで考える私もどうかと思うけど(苦笑))

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/18

【 ネバーランド 】

公式 DVD

+++++ 感想 +++++

優しい涙が、こぼれます。
やわらかな涙が、ぽろぽろ、ぽろぽろ、溢れました。


始まりは窮屈で、退屈なのかと錯覚し、映像の美しさと
ジョニーさん(ジョニーディップ)だけを ≪見る≫ 作品になってしまうのか?
と心配になりましたが・・・・
とても美しい、とても静かな作品でした。
そして、楽しく、切なく、優しく、強い作品。
ドキッ!として、ふっと微笑んだり、あははっ!と声にして笑ったり・・・
なんだか、幸せな気持ちも、見つかりました。

私は、ピーターパンの物語を知りません。
物語に登場するキャラクターは、グッズなどで見たことはありますが、
どういうお話か知りません。
だから、作品の中で、演じられるピーターパンの劇を、最後まで見たくなりました。

・あんな大きな犬と一緒に暮らしたいです(笑)
・4兄弟の表情が素敵です。
 そして、4兄弟のおばあ様も。
・子供達の素直な反応は、凝り固まった大人たちの心もとろけさせてしまった?
 心がやわらかくなる瞬間が劇場に広がっていくのを感じたら、涙で画面が見えなくなった。


想像力。創造力。信じる気持ち。

ほんとに、見始めたとき、こんなに涙を流すとは思いませんでした。
こんなに優しく、やわらかな涙が溢れるとは思いませんでした。
語らないことはあるけれど・・・
想像は溢れているけれど・・・
向き合った人同士に  が無いのが、とてもしみました。

素敵な時間をもてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)