2008/03/03

【 プラダを着た悪魔 】

公式WEB DVD→プラダを着た悪魔 (特別編)

++++ 感想 ++++

最高に、楽しい♪ ・・・・・DVD欲しいなぁ~。

他にやることあるのに、すでに2回観てしまった(笑)

ブランドがどうこうでは無くても、ちゃんとメイクして、オシャレをすると、
背筋が伸びて、しゃんとする!
背伸びをするとか、無理をするという意味ではなく。
自然と、張りのある、パワフルな時間をおくれる。
自分の心の問題だけれども。
そういうのを、感じられて、楽しかった。気持ちよかった。

畑違いのところでも、希望の場所ではなくても、
「負けたくない」と奮戦できるアンディが素敵!
なんのかんの言っても、意地悪いと思ってた?感じてた?世界の同僚達も、
とっても、素敵。
私は、実は、結構、先輩?同僚?ライバル?のエミリー(エミリー)好きです!
そして、ナイジェル(スタンリー)!素敵すぎるぅ~♪

メリルストリープが出演してるの知らなかったので、びっくり!
とても素敵に、カリスマ?編集長を演じてた。
とんでもないんだけど(苦笑)魅力的!
ちょっとね、メイクの先生を思い出しました。
非現実的な言動でも、とっても、素敵で、なぜか説得力が!(爆)
ミランダ(メリル)の台詞の声やペースが、とても、好きだった。
最後のミランダの笑顔は、いい涙が溢れた。

終盤、アンディ(アン)が、ミランダの元を去ったとき、
ミランダの世界での今後のアンディを見てみたいなと、
少し残念だったけれど、最後の最後。
ミランダとアンディの関係性が、嬉しくなった。
あの笑顔よかったなぁ~♪

どんな世界でもそうだけれど、人と人の関係は、
どこかで、相手を尊敬できていることで、
パワーになるし、かけがえの無いものになると思う。

余談
めっちゃ、スタバのラテが飲みたくなった(笑)
うちの近所にも、出店してくれればいいのに・・・・
ま、この田舎にはできないでしょうけども(^^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

【 コロンバインの空に 】

DVD→ コロンバインの空に コロンバイン高校事件を乗り越えて

++++ 感想 ++++

見始めて、すぐに、家族の思いに涙が溢れました。
アンナ(デブラ)は、シングルマザー。
4人の子供を育ててる。職業は教師(代理教師?臨時って事?)
アンナの母としての家族への接し方。教師としての生徒への向き合い方。
こういう女性好きだなぁ~。カッコイイなぁ~。あったかいな。と思いながら見ていた。

実話に基づいた話・・・と冒頭で字幕があったので、
こんな素敵な女性がいるんだなぁ~と、こんな素敵な家族がいるんだなぁ~と、
色んな所で、心がいっぱいになって涙で溢れさせてました。

病気に打ち勝ち家族の支えと、アンナ自身の強さで乗り越え、教師としても復帰
・・・・素敵な未来が・・・と思っていたら・・・・
レンタルする時、"コロンバイン高校事件を乗り越えて"の部分を見て居なかったので、
アンナが、娘を学校へ送っていき、字幕に「コロンバイン」と出たとき、
あれ?
うそ???これって。。。。
と、カタマリマシタ・・・
この事件を記憶していたのではなく、昨夜、丁度、NHK-BSで、 ボウリング・フォー・コロンバイン マイケル・ムーア アポなしBOX を放送していて、たまたまチャンネルを合わせ、何となく、気になって、うとうとしながら見ていたから。眠い中(苦笑)・・・これは何を描いてるんだろう?と気になりながら、別番組の予約がかぶっていたので、録画を切り替えることも無く、うとうとしつつ見ていた。だけど"コロンバイン"というのは頭に残っていて・・・銃の議論も頭に残っていたので・・・
え?ここって、あの高校???
あの事件に娘さん巻き込まれてるの???

そこから先は、ただただ画面を見つめるだけになった。
前半部分を観ていて、自分が書くだろうと思っていた感想の言葉は、
なんだか、遠くの方へいってしまった。

人間は、色んな人が居る。
素敵で強い人が、沢山描かれていた気がした。

・・・・実話だと書くの難しい、、、
どんな言葉を使っても、感じてることも違うような気がする。
好きというのは変だけど、この映画好きでした。
生命力を感じる真っ直ぐな人が今、とても眩しいです。
これは、ここのところの個人的な感覚なんだと思うけれど、
この作品のデブラも、本当にそういう感じでした。
レンタルする時、ジャケットのデブラの表情が素敵だったので、手に取りました。
デブラ・ウィンガーを探して】で、素敵だなぁ~と感じていたので。
とっても素敵でした。もちろん、出演者とくにデブラを囲む家族の役者さんの表情の豊かさに心がやわらかくなりました。

【ボウリング・フォー~】もレンタル探して、ちゃんと見て観ようかなぁ?
この中で、アニメーター?なのかな?高校の卒業生の男性が語ってた言葉が妙に心に残ってる。ドキュメンタリーなので、映像に焦点を合わすのを躊躇いそうになるシーンも沢山挟まってた気もしたけれど・・・
見てみるかなぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)